「祈りのブルーツリー」設置のお知らせ

bluetree_eyecatch

「ひとりでも多くの願いを叶える灯りでありたい」

そんな思いから始まったNIIGATA光のページェント。
30周年を迎える今年、何かできることはないか…
横田めぐみさんをはじめ拉致被害者の帰りを
40年間もの間待ち続けるご家族の祈り。
私たちは、希望の灯を絶やさず、ともに祈り続けるため
「祈りのブルーツリー」を設置いたしました。
ここ駅南「思いやり広場」から願いが叶いますように。

設置場所はプラーカ2とLEXNの間の歩道、一番けやき通りに近い木です。
看板の「祈り」の文字は、横田早紀江さんのご許可をいただき、
新潟日報紙面の題字をお借りいたしました。
ボタンを押すとブルーリボンが点灯します。

拉致被害者の早期帰国をみんなで祈りましょう。

bluetree


2017.12.12